メモ帳「文花帖」

頒布品名 メモ帳「文花帖」
材質 ノート、錫
頒布価格 3,500円 (A6)
6,000円 (B6)

文花帖ってなに?

文花帖とは、「伝統の幻想ブン屋」こと天狗の射命丸文が、自身の発行している新聞「文々。新聞」の記事の為の写真とそれに対する解説をまとめておく為の手帖(というよりメモ帖)である。
射命丸文にとって、写真機と並んで取材時の必需品。
彼女は文々。新聞の発行部数増大を目指して、日夜幻想郷を文字通り飛び回っては幻想郷の住人たちに取材を繰り返し、そこで得られたネタを文花帖に逐一記すのである。
外装は、無地の赤の表紙で紙の束を挟み込み、紐を通してまとめただけというシンプルなもの。
--ニコニコ大百科より--

記述にもあるように、本来は「和綴本」もしくは「大福帳」のようなイメージなのでしょうか。
幻想郷であればこの形なのでしょうが、顕界ではそういうのは目立ってしょうがありません。
という事で、今回はイベント外でも使えそうな、顕界版「文花帖」を制作してみました。

京都文々。新聞社嵐山支局駐在員(非公認)かもしれない当サークル代表は、サークルさん取材時にコレを持ち歩いているかもしれません・・・

B6
ノート ノート ノート
全体図。再生皮革の手触りが良いです。これは右綴じとして使いたかったので、メタルが左上にあります。 中身は普通のzeitVektorのB6ノートです。中のノートを差し替えれば、左綴じとしても使えるタイプのようです。 標準でついてるノート。
A6
ノート ノート ノート
全体図。右端にペンホルダーが付いてます。こちらは左綴じです。 中身は普通のA6ミニノートです。気に入ったノートと差し替えて使えます。 漆塗蒔絵ボールペンはこのように収納できます。

ノート部分の持ち込み(特別注文制作)

「自分が持っているコレにメタルを貼って欲しい」など、ノート部分を自分が気に入ったモノにする場合は、あらかじめモノをこちらにお送りいただければ、それらにメタルエンボッシング加工をいたします。
費用は3,000円~4,000円、約2ヶ月程度のお時間を頂く予定です。
通信頒布フォームの内容に「特別注文をしたい」と書いて頂きまして、モノをお送りいただければ制作が可能です。
※送料は注文する方の負担でお願いします。
※合成皮革や天然革、紙など、ノートの装丁として使われている殆どのモノには加工ができると思いますが、事前に写真などで確認をさせて頂きます。